消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

本部組織

本部組織

 

本部の組織

本部は、活動分野ごとに設置された13の委員会と1つの特別委員会、消費生活研修所、そして事務局で構成されています。

 会長
 副会長
総務委員会 広報委員会
消費者教育委員会 環境委員会
消費者相談室(東京・大阪) 事業委員会
消費者志向推進委員会 食生活委員会
ConsumerADR委員会 ICT委員会
個人情報保護推進委員会 金融委員会
消費者提言委員会 消費生活研究所
福祉サービス評価特別委員会
 事務局  監事

 

 

会長

会長 河上 正二

<略歴>
昭和28年 愛媛県生まれ

1975年3月に金沢大学法文学部法律学科卒業、同年4月同大学大学院法学研究科進学(1978年 法学修士)、
1978年4月 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程進学、

1984年3月 東京大学より「約款とその司法的規制の構造」についてで法学博士。
1982年4月 千葉大学法経学部助教授、

1990年4月 東北大学法学部助教授。
1993年4月 に東北大学法学部教授(2000年4月に大学院法学研究科に配置換え)

(2000年4月から2004年4月まで法学部長・法学研究科長、東北大学法科大学院・公共政策大学院の設置、国立大学法人化等に従事)。
2008年4月 東京大学大学院法学政治学研究科教授に移籍、20017年9月退職。
2017年10月 青山学院大学法務研究科教授、現在に至る。
(2018年4月東北大学名誉教授、2018年7月東京大学名誉教授)。

主著に、約款規制の法理(有斐閣、1985年)、民法トライアル教室(有斐閣、1999年)[共著]、歴史の中の民法(日本評論社、2001年)、民法学入門<第2版>(日本評論社、2009年)、民法総則講義(日本評論社、2007年)、物権法講義(日本評論社、2012年)、担保物権法講義(日本評論社、2015年)、実践消費者相談(商事法務)など。現在も、法学セミナー誌上で「債権法講義(総論・各論)」を連載中。

この間、法制審議会幹事、司法試験委員など歴任。東京都消費対策審議会委員(2009年〜2018年4月)、宮城県収用委員会(会長 1986年〜 2018年)、内閣府消費者委員会(第2次、第3次委員長、第4次委員長 2011年9月〜2017年8月)。
2018年地方自治功労者賞受賞。

 

副会長

副会長 大石美奈子

引き続き副会長を務めます大石です。多くの諸先輩の礎のもと、設立30年を迎えたNACSが、SDGsに叶う持続可能な団体であること、公平性・透明性を高め顔の見える本部となることを目指します。

NACSの強みは、異なる立場の会員が互いを尊重し繋がることです。皆さまの積極的な活動参加がNACSの力であり財産です。ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

<略歴>

山口県出身。奈良女子大学家政学部食物学科卒業後、山口県にて高等学校家庭科教諭。神奈川県に移動し高等学校家庭科非常勤講師の傍ら、1995年消費生活アドバイザー資格取得、NACSに加入(アドバイザー15期)。非常勤講師の傍ら牛乳乳製品や無洗米の消費者相談室にも勤務。

NACS環境委員会では持続可能なくらしにむけて「商品の一生を知ろう」をテーマに消費者と企業、行政をつなぐべく活動中。現在も高等学校非常勤講師の傍ら、主に、電力・ガスの自由化に関するエネルギー関連、省エネ、3Rに関して経済産業省、環境省、国交省等で審議会に参画。2012年6月より理事、2016年6月より現職。2019年9月より消費者委員会委員。

 

 

副会長 永沢裕美子(広報委員長兼務)

引き続き、副会長と広報委員長を拝命することになりました。NACSが、これまで以上に社会から必要とされる消費者専門家集団・消費者団体となりますよう、「多士済々と言われるNACS会員の活躍機会の拡大」と「NACSが何をしているのかが見える・伝わる広報」に力を入れて参る所存です。NACS会員であることを誇れるような活動をともに展開して参りましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

 

<略歴>

山口県出身。東京大学教育学部教育行政学科(生涯教育専攻)を卒業後、証券会社(アナリスト)、投資顧問(ファンドマネジャー)、外資系銀行(個人投資部担当等)勤務を経て2001年に退職。2004年に金融に特化した消費者市民グループ「フォスター・フォーラム(良質な金融商品を育てる会)」を有志とともに設立し、中心メンバーとして活動してきた。その間、2005年にお茶の水女子大学大学院前期博士課程(生活経済学専攻)、2012年に早稲田大学法科大学院を修了(法務博士)。2009年より10年間金融庁の金融審議会委員を務め、現在特別委員。国民生活センター紛争解決委員会特別委員として消費者紛争の和解の仲介にも2019年3月まで10年間従事した。現在、金融行政モニター委員(参事)、金融広報中央委員会・金融経済教育推進会議委員、山口フィナンシャルグループ(株)社外取締役等。

消費生活アドバイザー第27期。NACSでは、東日本支部・事業委員会で消費者専門資格の普及事業を担当した後、2016年6月より理事(総務委員長)、2018年6月より現職。消費者庁の消費者教育推進会議の委員を務めている。

 

 

総務委員会

委員長 関﨑裕司(理事)

総務委員長を拝命しました新任理事の関﨑です。諸規程の見直しと決裁手続きの適正化により「NACSの見える化」を図り、代議員懇談会を開催し、会員・代議員の皆様の声を協会運営に反映します。公益法人として「あるべき姿」を目指して頑張ります。会員の皆様にはご協力とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

⇒ お問合せはこちら

 

総務委員会の主な業務

・社員総会及び理事会に関すること
・ 諸規程の制定、改廃に関すること
・ 官公庁、諸団体などとの交渉統轄に関すること
・ 中長期計画や年次計画の策定、推進、管理に関すること
・ 各部門計画の総合調整に関すること
・ 重要な契約、文書の作成、指導に関すること
・ 本部の業務で他の所掌に属さないもの

 

 

広報委員会

委員長 永沢裕美子(副会長)


⇒ お問い合わせはこちら

広報委員会の主な業務

・広報誌『NACS news』の発行
・NACSメールニュースの発行
・本部ホームページの作成・管理
・プレス対応

 

消費者教育委員会

委員長 木村宏彰

 

⇒ お問い合わせはこちら

消費者教育委員会の構成

・消費者教育委員会 ⇒ NACSの消費者教育
・消費者教育委員会 経済市民教育グループ ⇒ 金融教育
・消費者教育委員会 環境グループ ⇒ エコプロダクツ展を通した環境教育

 

 環境委員会

委員長 村上千里

3代目の環境委員長を拝命しました。持続可能な開発目標(SDGs)への関心の高まりをチャンスととらえ、「持続可能な消費と生産」の橋渡し役として、NACSの存在感を高めていきたいと考えています。今年度は、石油と防災に関する意見交換会と自動車リサイクルの啓発事業を核に、支部の皆さまとの連携を強化してまいります。

 

⇒ お問い合わせはこちら

環境委員会の主な活動

くらしの環境問題に関する調査研究
持続可能なライフスタイルに関する教育
・エコプロダクツ大賞事務局(平成16年度~)
・エコプロダクツ展への出展(平成11年第1回~)
・石油連盟事業受託(平成24年度~)

 

⇒ 環境委員会のページへ

 

消費者相談室

東京相談室長 中野子礼子  大阪相談室長 山口知佳

消費者相談の主な活動

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

なんでも110番

ConsumerADR

相談員養成講座

 

 

事業委員会

委員長 土田貴志

 

⇒ お問い合わせはこちら

事業委員会の主な業務

・消費生活アドバイザー制度の普及

「消費生活アドバイザー試験対策講座(アド対)」事業
・フォーラム等の開催

 

消費者志向推進委員会

委員長 奥原早苗

この度、新しく消費者志向推進委員長を拝命いたしました奥原です。15年に亘り消費者志向経営の推進及びその重要性の周知に取り組んでまいりました。会員の皆様・支部の皆様と共に、時代に即した消費者志向経営の実現及びその推進・周知活動に力を尽くす所存ですので、ご支援の程、どうぞよろしくお願いいたします。

 

⇒ お問い合わせはこちら

消費者志向推進委員会の主な活動

消費者志向NACS会議の開催
消費者志向経営エキスパート養成講座の開催
・意見交換会の運営

 

⇒ 消費者志向経営

 

 

Consumer ADR委員会

委員長 松本恭子

ICT委員会

委員長 金藤博子

 

食生活委員会

委員長 藤原以久子

 

個人情報保護推進委員会

委員長 篠原治美

 

金融委員会

委員長 水谷千佳

 

消費者提言委員会

委員長 棚橋 節子

<主な活動>

1. 消費者関連の法律・制度などへの提言や意見表明

消費生活相談からの情報や、他団体などとの交流から得た情報等をもとに、消費生活に関する問題で改善すべきと判断されるものや法改正に際してのパブコメには、関係官庁等に積極的に提言活動を行っています。

⇒ 提言・意見

 

2.  調査・研究活動

昨年度は生活者の目線で、私たちが求める AI・IoTを活用した安全・安心な消費生活」にまとめました。

引続き、AI・IoTが、実際どのように活用されているかに焦点を当てて、体験結果を中心にAI・IoTの活用を中心に「生活の場でのAI・IoTの活用風景」にまとめました。

 

3.他団体とのネットワーク

 

お問い合わせ先:nacs-teigen@nacs.or.jp

 

消費生活研究所担当

所 長 戸部依子

⇒ 消費生活研究所のページへ

 

⇒ お問い合わせはこちら

 

 

 

 

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.