消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

相談事例04

相談事例04

インターンシップ留学斡旋サービスの約束が違うので、返金を求めたい

相談事例

留学等斡旋サービス事業者と、インターンシップ留学斡旋サービスの契約をして、アメリカのホテルで有給のインターンシップをしている。日本で契約時には、「ホテルの勤務時間内の食事は補助の保証がある」と説明されていたが、ホテルに到着後、ホテル側に確認すると「そんな話は全くしていない」と言われた。ホテルの担当者が見せてくれた事業者とのメールのやり取りの内容にも、食事の補助という記載はなかった。留学等斡旋サービス事業者の説明に虚偽があったので、プログラム費用の一部返金、又は約束通り食事の補助がでるようにしてほしい。

 

アドバイス

(1)留学等斡旋サービスは、留学や海外での語学研修、海外インターンシップ、ワーキングホリデーなど、留学先候補の情報提供や、ホームステイ先の紹介など留学等をするに際して、それに係る様々なサポートを提供するサービスです。

 

(2)近年、インターネット上で、留学等に関する華やかな広告が数多く見うけられ、利用者も増えていますが、留学等斡旋サービス全体を包括的に規制する法律はなく、また旅行業社のように、行政庁への登録制度もありません。

 

(3)契約する前には、自分で在日大使館や日本学生支援機構や日本ワーキングホリデー協会等、情報提供機関から情報を収集して、複数の事業者を比較検討しましよう。

 

(4)旅行契約と違って、留学等斡旋サービスの契約は、費用を支払わなくても「申込書」にサインすると契約は成立します。

 

(5)契約時には十分な説明を求め、重要な事項は書面でもらいましょう。特に、費用の内訳やサービス内容や利用条件、キャンセル料、事業者の責任範囲等を確認しましょう。

 

 

一口メモ

【正規留学】

海外の大学など教育機関で単位取得や学位取得を目指す長期間の正規の留学
【短期留学・語学研修】

語学学校や専門学校などに通い、短期間で語学や専門知識・技術を身に付けることを目指すもの。
【ホームステイ】

一般家庭に滞在。滞在費や食費を払い、部屋と食事を提供する下宿型の有償ステイと国際理解や親善のため、家族の一員として受け入れ、その滞在費を無償としているボランティア型ホームステイがある。
【ワーキングホリデー】

日本と相手国の二国間の協定に基づいて、最長1年間休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を現地でのアルバイトで補うことが認められている制度。
【インターンシップ】

もともと大学生が一定期間職場体験をする制度だが、今は誰でも広く企業や団体で研修生として働き、実務経験を積むものをいう。

「東京くらしねっと:2008年4月号(留学等契約)より抜粋」

 

  • 参考

日本学生支援機構(JASSO)

日本ワーキングホリデー協会(JAWHM)

留学サービス審査機構(J-CROSS)

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.