消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

毎週土曜日・日曜日に東京・大阪で、消費者相談を電話で受け付けています。 商品やサービス、契約にかかわるトラブルや疑問などに助言や情報提供をいたします。

東京では自力で解決が困難な場合には斡旋もいたします。

 

ご相談受付

東京
  • NACSウィークエンド・テレホン

03-6450-6631(日曜日11時~16時)
年末年始 12月29日~1月4日休み

大阪
  • 関西分室

06-4790-8110(土曜日10時~16時)
年末年始 12月29日~1月4日休み

※申し訳ございませんが、メールでの消費者相談は承っておりません。

 

  • 平成28年度相談件数

平成29年月1月末現在 受付件数1413件(内関西分室710件)

 

今週の相談事例

<事例1>

結婚式場の予約をし、申込金10万円を支払ったが、式場を経営する会社が倒産する恐れがあると聞いた。心配になってキャンセルをしたいのだが、支払った申込金は返金してもらえないのだろうか。(20代女性 申込金10万円)

 

先月直接店頭へ行って式場の予約をしてきた。しかしその後ブライダル業者から倒産の恐れがあることを聞いて、結婚式ができないかもしれないと不安になった。そこでキャンセルしたいと思ったが、契約書を見ると式当日5カ月以内の解約は、申込金10万円に見積額の20%(約60万円)が加算されてしまう。まだ式当日まで5か月以上あるので今のうちにキャンセルしたいが、それでも支払った申込金は諦めないといけないのか。10万円という額は申込金としては標準的な額なのか教えてほしい。

 

 

 

<事例2>

ネット通販で古着のスタジオジャンパーを購入した。到着したらネット上の写真にない傷やボタンの錆びなどがあった。古着だから仕方がないと思い自分で手入れをして最後ぬるま湯に付けたら大量に色が出た。色落ちする品はやはり返品したい。(40代女性 契約金額1万円)

 

ネットの通販で何十年のビンテージものの古着スタジオジャンパーを注文した。もともとシミ汚れあり経年変化ありとの表示であった。しかし、ネット上の写真にはない小さな汚れやボタンの傷があった。ぬるま湯に付けたら大量に表地の茶色い色が水に出た。洗濯タグは付いていなかった。ホームページ上には「着用に困難なほどのダメージがあった場合は返品する」と記載していた。こんなに色落ちするなら返品したいと思い、販売業者に連絡したが「返品特約にある着用に困難なダメージとは言えない」と応じてもらえない。

 

平成28年度9月までの相談概要まとめ pdficon_small

 

  • この事業は競輪の補助を受けて実施しています。ringring_bannerkeirinjp_banner

 

  • 関連ページ
  • 「特定商取引法」に係わる消費者取引の紛争については 「ConsumerADR」での解決もはかれます。
  • 毎年秋には、トラブルが多く発生している案件をテーマに 「なんでも110番」を実施しています。
  • 「消費者契約法」に反する事業者の不当な行為に対しては 「消費者機構日本」から是正措置を求めます。

 

  • 特定商取引法、割賦販売法について
PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.