消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

毎週土曜日・日曜日に東京・大阪で、消費者相談を電話で受け付けています。 商品やサービス、契約にかかわるトラブルや疑問などに助言や情報提供をいたします。

東京では自力で解決が困難な場合には斡旋もいたします。

 

 

ご相談受付

東京
  • NACSウィークエンド・テレホン

03-6450-6631(日曜日11時~16時)

年末年始 12月29日~1月4日休み

大阪
  • 関西分室

06-4790-8110(土曜日10時~16時)
年末年始 12月29日~1月4日休み

※申し訳ございませんが、メールでの消費者相談は承っておりません。

 

  • 平成29年度相談件数

平成29年月4月末現在 受付件数237件(内関西分室127件)

 

今週の相談事例

<事例1>

電話で「イベントがあるので来て欲しい」と誘われ事務所に行ったところ、高額な真珠のネックレスを購入させられたが、解約したい。(20代女性 契約金額108万円)

 

3週間前に自宅に若い男性から電話がかかってきて、「楽しいイベントをする。プレゼントもある」と誘われた。事務所に行ったところ、「真珠は若いうちから持っていた方がいい」と4時間も勧誘されて購入することにした。真珠は108万円と高額だったが、教えられた借金方法に従い、ネット銀行で100万円を借りて振り込んだ。家に帰って、高額な買いものをしたと後悔し、クーリング・オフ通知を出したが、お金も返金されない。真珠のネックレスはまだ受け取っていない。どうしたらよいか。

<事例2>

一人暮らしの姉が多量の健康ジュース購入の契約をしたようだ。配達は現在も継続しており、解約させたい。(60代男性 契約金額不明)

 

緊急入院した一人暮らしの姉の自宅を訪ねたところ、多量の健康ジュースの配送品がおいてあった。通帳を確認すると、毎月2~3回、各5~6万円ず特定の業者の引落し記録があった。姉は入院中で会話が不自由なため、いつ契約したのか、契約書の有無や内容も定かではない。未開封のものもあるので今も配達が続いているようだ。昨年の暮れ、2人の弟も、「健康ジュース、やらない?」と姉から声をかけられており、通帳にその業者から約1万円の入金記録もあるので、マルチまがい商法の会員になっている可能性がある。また、姉のクレジットカードから、更に30万円ほどの引出し記録も見つかり、他にも何か購入させられているのかもしれない。契約を解除させたい。

平成28年度の相談概要まとめ pdficon_small

 

  • この事業は競輪の補助を受けて実施しています。keirin_banner3keirinjp_banner

 

  • 関連ページ
  • 「特定商取引法」に係わる消費者取引の紛争については 「ConsumerADR」での解決もはかれます。
  • 毎年秋には、トラブルが多く発生している案件をテーマに 「なんでも110番」を実施しています。
  • 「消費者契約法」に反する事業者の不当な行為に対しては 「消費者機構日本」から是正措置を求めます。

 

  • 特定商取引法、割賦販売法について
PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.