消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

 

 

毎週土曜日・日曜日に東京・大阪で、消費者相談を電話で受け付けています。 商品やサービス、契約にかかわるトラブルや疑問などに助言や情報提供をいたします。

NACSでは自力で解決が困難な場合には斡旋もいたします。

ご相談受付

東京

 

03-6450-6631(日曜日11時~16時 昼休みなし)  

年末年始 12月29日~1月4日休み

大阪

06-4790-8110(土曜日10時~12時 13時~16時 昼休み12時~13時)
年末年始 12月29日~1月4日休み

※申し訳ございませんが、メールでの消費者相談は承っておりません。

  • 2019年度相談件数

2019年6月まで 受付件数 東京177件 大阪147件

平成30年度 相談受付概要

今週の相談事例

<事例1>

住宅リフォームの事業者が来訪し、地震の被害状況を無料診断してくれるというので、診断してもらった。診断後、外壁工事の契約をしたが、クーリング・オフしたい。(70代男性 契約金額85万円)

 

住宅リフォームの事業者が来訪し、先月起きた地震の被害状況を無料で診断してくれるというので依頼した。その後、外壁工事を契約したが、よく考えずに信用性が分からない業者と契約をしたことを後悔した。クーリング・オフしたい。

<事例2>

ネット上の相談サイトを検索し法律相談を受けた。相談料が500円と表示されていたのでカード決済をしたが、何故かこの2か月4700円の料金が発生し請求されている。解約手続きをしたいが、サイトの運営会社に連絡しても繋がらない。(50代男性 請求金額10,400円

 

利用規約はよく読んでいなかったが、利用開始から1週間は500円で利用出来ると書いてあったと思う。クレジットカード決済のため名前やカード番号などカード情報を入力した。2~3回やり取りを繰り返すと、再度500円の請求がありおかしいと思ったが500円ならば良いと支払った。同月に今度は4700円の請求があった。更に、翌月にも4700円の請求が来た。おかしいと思いクレジットカード会社へ申し出たが、「サイト上で解約手続きができ、連絡先電話番号も記載してある。」などと言われた。これ以上引き落とされないようにしたい。業者の公式ホームページから解約のボタンを押しても、次に進まず解約ができない。電話をかけても電話が繋がらない。

  • この事業は競輪の補助を受けて実施しています。keirin_banner3keirinjp_banner
  • 関連ページ
  • 「特定商取引法」に係わる消費者取引の紛争については 「ConsumerADR」での解決もはかれます。
  • 毎年秋には、トラブルが多く発生している案件をテーマに 「なんでも110番」を実施しています。
  • 「消費者契約法」に反する事業者の不当な行為に対しては 「消費者機構日本」から是正措置を求めます。
  • 特定商取引法、割賦販売法について
PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.