消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

消費者相談(ウィークエンド・テレホン)

毎週土曜日・日曜日に東京・大阪で、消費者相談を電話で受け付けています。 商品やサービス、契約にかかわるトラブルや疑問などに助言や情報提供をいたします。

東京では自力で解決が困難な場合には斡旋もいたします。

 

ご相談受付

東京
  • NACSウィークエンド・テレホン

03-6450-6631(日曜日11時~16時)
年末年始 12月29日~1月4日休み

大阪
  • 関西分室

06-4790-8110(土曜日10時~16時)
年末年始 12月29日~1月4日休み

※申し訳ございませんが、メールでの消費者相談は承っておりません。

 

  • 平成28年度相談件数

平成28年月10月末現在 受付件数1024件(内関西分室523件)

 

今週の相談事例

<事例1>

SNSで知り合った人に騙されてお金を振込んでしまった。お金を取戻すために公的な機関に相談したつもりだったが、それは探偵事務所でお金を支払ってしまった。(50代女性 契約金額7万円)

 

SNSで知り合った外国人に、「あなたに会いに行くので、航空代金を立て替えてほしい」と言われ、70万円を送金してしまった。当日、空港まで迎えに行ったが来なかったので、騙されたとわかった。公的な機関をネットで検索し、相談をした。電話で「早急に手を打たないとお金は取戻せない」と言われ、申込書をファックスで送り費用を支払ってしまったが、後で探偵事務所だとわかった。契約を取消したい。

<事例2>

1年前にトランクルームのある賃貸マンションに入居したところ、トランクルームに入れていた洋服や靴にカビが生えているのに気付いた。損害を負担してほしい。(20代男性 賃料15万円/月)

 

家賃は他の部屋より高かったが、不動産会社から「トランクルームがあり荷物を入れられる。空調はしっかりしている」と説明されので、入居を決めた。今年の夏、トランクルームに入れておいた衣類50着、革靴、スニーカーなど10足にカビが生えていることに気づいた。原因は、トランクルームの空調にあると思うので、クリーニング代を負担し部屋代も下げてほしい。

 

平成27年度の相談概要まとめ pdficon_small

,, ¥

  • この事業は競輪の補助を受けて実施しています。ringring_bannerkeirinjp_banner

 

  • 関連ページ
  • 「特定商取引法」に係わる消費者取引の紛争については 「ConsumerADR」での解決もはかれます。
  • 毎年秋には、トラブルが多く発生している案件をテーマに 「なんでも110番」を実施しています。
  • 「消費者契約法」に反する事業者の不当な行為に対しては 「消費者機構日本」から是正措置を求めます。

 

  • 特定商取引法、割賦販売法について
PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.