日時:2015年7月31日 17:30~20:00

場所:弁護士会館5階502会議室

 

シンポジウム「特定商取引法の改正で悪質商法の根絶を! ~Do Not Knock制度、Do Not Call制度の実現を目指して」が日本弁護士連合会の主催で開催されました。

野々山宏日弁連消費者問題対策委員会委員長の開会挨拶に続いて、日弁連消費者問題対策委員会委員で特定商取引法専門調査会委員を務める池本誠司弁護士より「内閣府消費者委員会特定商取引法専門調査会における議論の状況」と題し、基調報告が行われました。

引き続き行われたパネルディスカッションでは、同専門調査会の委員を務める有山雅子NACS理事をはじめとして、河野康子全国消費者団体連絡会事務局長、増田悦子全国消費生活相談員協会専務理事、池本誠司弁護士、大濱巌生日弁連消費者問題対策委員会委員がパネリストとして参加し、被害の実態を踏まえ、不招請勧誘規制の必要性を訴えました。

 

dnkdnc20150731