消費生活のシンクタンク NACS消費生活研究所

「安全・安心」分野の概要

  • HOME »
  • 「安全・安心」分野の概要

「安全・安心」分野の概要

私たちの生活には、さまざまなリスクがあります。製品・サービスの契約や購入、利用、そして、大気や水、自然災害など、私たち自身でメリット、デメリットを増加、低減できるもの、できないものなど、その様態は様々です。

 

これらによって生活にもたらされる影響の程度も、その製品やサービス、環境の状況、によりさまざまです。消費者一人ひとりも、居住地域、年齢、知識、経験、財産の状況など多様です。

 

であるからこそ、製品やサービス、制度を提供する側および消費者が、予めリスクを予測し対応を決定し、安全に提供、選択、利用できるようなしくみが求められます。さらに、被害や事故によってもたらされる影響に対する是正や救済、信頼関係の再構築など事後の対応も重要です。

 

これらの取組みが消費者、事業者、行政等ステイクホルダーによって、情報や制度、コストがうまく循環できる社会を実現を目指してできれば、私たちは安全に暮らせて、安心できるものとなるでしょう。

 

私たちが安全に生活できて、安心が得られるような社会の実現のために、リスクの本質をとらえ、原因と結果、生活への影響の程度、バックアップの手段、セーフティネットなどについて考察し、提案をしてまいります。

 

<主な研究対象>
取引・サービスの安全:消費者契約、医療の安全、紛争解決(ADR)
製品の安全:化学品の安全性、食品の安全性、リコール制度
環境の安全:環境汚染、地球温暖化

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.