消費生活のシンクタンク NACS消費生活研究所

「持続可能な社会」分野の概要

  • HOME »
  • 「持続可能な社会」分野の概要

「持続可能な社会」分野の概要

私たちが購入、消費しているすべての商品・サービスは、製造から捨てられるまでの一生を通して多くのエネルギーを必要としています。そのエネルギーは主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得ており、地球温暖化の原因となるCO2を大気中に排出しています。

 

エネルギー多消費が引き起こす地球温暖化、大気汚染、森林伐採、海洋汚染、食糧増産による水産資源の減少、土壌汚染、地下水の減少等、様々な問題が暮らしを取り巻いています。環境問題は消費のあり方、暮らしのあり方が大きな要因の一つとなっています。私たちは生活を見直す必要に迫られています。

 

将来世代や他地域のために、資源を使いきらないよう地球の生態系に配慮し、生産された商品やサービスを消費者が選ぶことは、持続可能な社会づくりにつながります。環境ラベルの意味や目的を正しく理解し、購入前・使用後を考えた環境配慮商品を選ぶことも重要です。

 

また、事業者はライフサイクルコスト(製品にかかる調達、製造、使用、廃棄費用等)の低減に努め、商品の企画開発段階で消費者意見を反映させることが重要となります。

 

豊かで持続可能な社会を実現するために、ステイクホルダーとの課題の共有、情報交換を通じて、消費者の役割を担うことができることを目指します。

 
<主な研究対象>
持続可能な開発のための教育(ESD)、環境教育
資源循環、廃棄物削減、グリーンコンシューマー、
エコラベル、マリンエコラベル

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.