消費生活のシンクタンク NACS消費生活研究所

「消費者政策」分野の概要

  • HOME »
  • 「消費者政策」分野の概要

「消費者政策」分野の概要

消費者基本法の基本理念では、消費者政策の推進にあたり、消費者の6つの権利の尊重と消費者自らが利益の擁護および増進のために自主的かつ合理的に行動できるよう消費者の自立を支援することを基本とすることが規定されています。

 

“消費者の6つの権利”

消費者の安全の確保
商品及び役務について、消費者の自律的、合理的な選択の機会の確保
消費者に必要な情報の提供
教育の機会の提供
消費者の意見の反映
消費者被害の救済

 

教育、安全、環境、事業者と消費者など、個別課題に潜む根本原因や解決策、被害の未然防止に向けた施策の検討等を通して、社会の仕組みとしての課題が明らかになるものが少なくありません。個別課題をそれぞれ解決するのでなく、横断的に見ることで全体的な解決方法を探ることが消費者政策には求められています。

 

人や資源をはじめとする社会の変化や消費者のニーズに合った政策の立案と実現、有効な運用に向けた研究を目指します。

 

<主な研究対象>
消費者基本計画、規制改革
消費者団体の役割と機能
消費者基本法、消費者安全法、消費者契約法、特定商取引法、景品表示法 等
集団的消費者被害救済制度
消費者紛争解決手段

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.