消費生活のシンクタンク NACS消費生活研究所

「ローカル&グローバル」分野の概要

  • HOME »
  • 「ローカル&グローバル」分野の概要

「ローカル&グローバル」分野の概要

私たちの暮らしの中に海外の製品、サービスが、国内のそれらとあまり変わらない頻度で登場しています。さらに、国内の製品やサービス、情報が海外にも広がっています。伴って、これらは国際規格や制度に準拠したり影響を受けたりしています。

 

そして、消費生活の課題も国内の状況だけではなく、海外の歴史や政治、習慣、資源などに目を向けると幅広い内容であることに気づきます。気候変動や資源枯渇への不安は、国内だけでは解決をはかることができません。インターネットの広がりによって情報の世界でも国境の概念がなくなっています。グローバルな取り組みが必要とされる課題が増えているといえるでしょう。

 

もちろん、国内においてもガバナンスや資源の点で地方と都市部、生産地と消費地などと考えてみると課題の内容や優先順位などが変わってくるものもあります。消費者市民社会構築のためには、国の主導から各自治体の主導へ、さらには官主導から民間主導へと基軸を代えていかなければ、実質的なムーブメントを起こすことができません。

 

生活に密着した地域連携、ネットワークを駆使した情報交換、新たな価値観の創出など、ローカルとグローバルの視点をうまく活用し消費生活の課題を考察することによって、新しい発見に出会えることを期待しています。

 

<主な研究対象>
諸外国における消費者関連法・規制
国際条約、国際規格
地方消費者行政、地域連携、官民連携
地球規模の環境問題
貧困問題

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.