消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

食生活に関する教育

食生活に関する教育

テキスト「HACCPは全員参加で!」 (平成26年度宝くじ助成事業)

???????????????????????????????テーマ HACCP
対 象 市民一般、事業者

 

⇒ テキスト掲載ページ

 

HACCPは、食品の製造現場での取り組みではありますが、食品の安全性を確保するための設備や行動の基準という点では、家庭のキッチンでの食材の取扱いや調理も同じです。
生産・製造現場でおいしく安全に作られた食品を、安全に運び、店頭を管理することは流通事業者の役割、そして適切に選び、安全に取り扱うことは、消費者の役割です。 そのようなことから、消費者もHACCPを知り、関係者とともに、おいしく安全な食生活の実現と向上ができるようにしたいと思っています。

この冊子では、消費者が夕食メニューとしてハンバーグを想定し、食品メーカーでハンバーグソースを製造する際のHACCPのとりくみ、消費者が店頭でひき肉を購入して家庭でハンバーグを調理する際のキッチンでの衛生管理を事例に、ハザード分析や一般的衛生管理、重要管理点について、説明しています。特にハザード分析については、潜在的なリスクの抽出、管理手段の設計の過程を、消費者視点でまとめてみました。

消費者と事業者をはじめ関係者がHACCPについて一緒に考えるきっかけ作りとして、キッチンに、製造現場に、店頭に、この1冊をどうぞ!

 

 

 テキスト「みんなで考えよう『食品安全』」 (平成24年度宝くじ助成事業)

???????????????????????????????テーマ 食品安全
対 象 子育て中のお母さん・お父さん、これからお母さん・お父さんになる方

 

⇒ テキスト掲載ページ

 

「天然」というキャッチコピーがついた商品のコマーシャルを観たけれど、安全性はどうなのかな?国産と輸入品では安全性に違いがあるのか?・・・食に関する情報に接したとき、私たちは何を知って、どう判断したら良いのでしょうか?

 

食生活に必要な情報は人それぞれ。

生活スタイル、必要な栄養も違う。家族構成が異なれば、食事メニューも違います。
たくさんある情報の中から、自分の生活に必要な情報をどのように得て、どのように活用したらよいのかを、考える手助けになるように、リーフレットを作りました。
特に、子育て中のおかあさん、お父さんにお使いいただくことをイメージして作っています。もちろん、これから、おかあさん、お父さんになる方、子育てを卒業された方にもおすすめです。
この冊子のポイントは、“こんな見方・考え方”というコーナー。
輸入食品、遺伝子組換えなど、科学的な評価結果はさることながら、一人一人の食に対する価値観が大きく影響するものについては、食品そのものの安全性に関する情報や意見だけではなく、食料需要、食文化という切り口での視点も載せています

使い方はカンタン!!
いつでも取り出せるところに、おいていただき、食品の安全性について、疑問があるとき、心配になったときに、使ってください。

 

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.