消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業とは

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業とは

この事業は、地球温暖化対策の推進、経済の活性化及び地上デジタル放送対応テレビの普及を図ることを目的として実施するものです。環境に良い製品の購入や行動に対して、さまざまな製品等と交換できるエコポイントを付与して、行動を促すというものです。
平成21年5月15日以降の購入に関して適用される「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」の対象となる家電製品は下記の「エアコン」「冷蔵庫」「地上デジタル放送対応テレビ」です。

1.エアコン: 平成21年5月12日から実施された改正後の統一省エネラベル4☆基準を満たす製品
2.冷蔵庫 : 平成21年5月12日から実施された改正後の統一省エネラベル4☆基準を満たす製品。但し、該当製品のない定格容積400リットル以下の冷蔵庫については、現時点で省エネレベルが最高水準にある製品(統一省エネラベル3☆基準を満たす製品)
3.地上デジタル放送対応テレビ: 平成21年5月12日から実施された改正後の統一省エネラベル4☆基準を満たす製品

:統一省エネラベルの基準が設定されていない以下の製品につき統一省エネラベル4☆基準を満たすと認められるもの
*プラズマ・フルハイビジョンテレビ
*LEDバックライト液晶テレビ
*ワイヤレス方式液晶テレビ

なぜ対象がこの3種なのかという疑問がありますが、家庭部門のCO2排出量のうち、約7割弱が電化製品によるものとなっており、約5割がエアコン、冷蔵庫、テレビで占められているためです。エネルギー効率の悪い旧型品を省エネ効果の高い製品に買い換えることで、より高い環境保全効果が期待できるという考えです。
平成21年7月1日からエコポイントの登録・商品交換申請手続きができます。交換できる商品は公募で決定しております。どのような商品と交換できるのかはグリーンエコポイント事務局のホームページで公表しております。

一般のお問い合わせ電話 0570-064-322

一例をあげますと次のようになり多岐に亘っております

商品・プリペイドカード
公共交通機関カード、一般商品券、地域型商品券
(Suica、PASMO、オレンジカード、JRバス、阪急・阪神バス共通カード等)
地域産品提供事業者
全国型事業者、都道府県型事業者
(全国おとりよせグルメ、郵便局のふるさと小包、地域の特産品等)
環境配慮製品等の提供事業者

くらしに役立つミニ知識

くらしに役立つミニ知識

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.