消費生活に関するわが国最大の専門家団体 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS(ナックス)

消費者関連規格の改定・作成

消費者関連規格の改定・作成

標準化とは

標準化とは、製品・サービスに関する品質、性能、試験方法などの様々な側面について、放置すれば多様化、複雑化するものを単純化、統一化することであり、標準化を行うことによって、品質の改善、生産能率の増進その他生産の合理化、取引の単純公正化及び使用・消費の合理化を図り、あわせて公共の福祉の増進に寄与するものです。
例えば、「単3の乾電池」といえば、その形や大きさ、性能が決まっています。もしも、乾電池の形や大きさが決まっていなかったら、製品やメーカーごとに種類の違う乾電池をたくさん買わねばならなくなり、大変不便です。このように、私たちの暮らしに身近な製品・サービスについて、一定の決めごと「規格」(ルール)を作って活用することを「標準化」といいます。

標準化への消費者参加の必要性について

これまで、標準化は製品の品質・性能の改善に重点を重点に進められ、また、それが消費者ニーズにも合致していました。しかし、産業の発展とともに製品の品質性能は格段に向上し、且つ市場に数多くの商品が投入されるようになるにつれ、私たち消費者のニーズは健康・安全志向、操作性・利便性などを重視するようになり、高齢者・障害者への配慮、環境保全の視点も欠かせません。

 

さらには消費形態も変化し、サービスそのものを購入したり、商品購入のために電子商取引などのサービスを利用する機会も増えています。 このように私たち消費者の価値観の多様化や消費・取引形態の変化に対応した標準化を進めるためには、消費者代表が標準化作業・審議に参加することが重要となっています。

NACSの標準化活動

現在、NACSでは標準原案を作成する最初の段階である原案作成委員会をはじめ、日本工業標準調査会 の審議会・専門委員会に参加して 、消費者ニーズの反映に務めています。
また、平成21年度より、標準化特別委員会を設置して、会員及び消費者に標準化に関する普及啓発を行うと共に、原案作成委員会や専門委員会で消費者代表となる人材の養成に務めています。
このような人材を生かして、今後、NACSから消費者関連規格を提案し、最終的にISOなど国際提案を目指して活動していきます。

 

消費者が標準化活動に参画するための手引書

経済産業省の工業標準化推進事業の一環として、標準化活動への消費者参加促進のための手引書を作成しました。
近年「規格開発への消費者(代表)参加促進」は、国際的にも取り組むべき非常に重要なテーマの一つとして常に取り上げられています。したがって手引書作成に際して、特に以下の点に留意しました。

 

  • (消費者代表となり得る者が)標準化の目的と、消費生活との関係性を理解することができるようにするためのプロセス
  • (消費者保護の目線から)標準化課題の設定・提案等のプロセス、および標準化活動へ消費者代表として効果的に参加するプロセス
  • 標準化活動成果(例:作成された消費者関連の規格)の、消費者への効果的な普及啓発プロセス

 

消費者問題に携わる多くの関係者において活用されることを期待しています。(手引書「はじめに」より)

 

standardization2017

消費者が標準化活動に参画するための手引書(4.21MB)pdficon_small

PAGETOP
公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14 全国婦人会館2F
Copyright © NACS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.