平成27年8月4日、国民生活センター主催「平成27年度消費者教育に携わる講師養成講座-対象者別スキルアップコース-小中高生等対象 1回目」が相模原事務所にて開催され、NACS消費者教育委員会は高校生対象の講座を実施しました。

NACS作成「スマートセーフティ~みんなが作る消費者市民社会」のテキストを用いた模擬授業は、製品安全を通じて消費者市民社会を理解してもらうのがねらいです。

受講生は消費者行政職員または消費生活相談員等の皆さんでしたが、高校生に戻って熱心に受講され、グループディスカッションはどのグループも盛り上がっていました。消費者市民社会への参画とはどういうことか、グループワークで気づきを得ていただけました。

同じ内容の講座は、あと2回(11月、28年2月)実施予定です。

 

【受講生の感想から】

・高校生が興味を持つよう工夫されているプログラムだったと思います。

・ワークショップの実践や中学・高校で講座をする時に注意すべきポイントを具体的に学 ぶことができました。

・具体的な授業を見せていただきとても参考になりました。次の講座に生かしたい。

IMG_1217