平成28年2月1日、横浜市立六浦南小学校5年生を対象に「計画を立ててお金を使おう」

をテーマに家庭科の授業を行いました。

ねらいは以下の2つです。

  • 日ごろのお金の使い方を振り返り、限りあるお金の大切さに気付く
  • 計画的に使うためおこづかい帳をつけることの大切さを知る

 

児童たちは、100万円の使い道を考えたり、DVDを視聴したりしながら、「お金を計画的に使うことの大切さ」を体験しました。また、「お金は3つ(spend,save,share)に分けて管理しよう」という話から、目的を持った使い方・貯め方を理解しました。

校長先生がすぐに「六浦南写真ニュース62号」を作ってくださり、「自分の生活を振り返るとともに、お金の使い道を考えるとてもいい機会になった」と書いてくださいました。

 

【担当の先生から】

模擬紙幣・掲示物・DVDなどを使った授業構成で生徒の集中力が持続できた。

クラス全員に発言させ、できる限りその発言にコメントすることで、生徒一人一人が自分のこととして考えられたようだ。

六浦南net用_170205_1六浦南net用_170205_2