■埼玉県金融広報アドバイザー等研修会 埼玉県金融広報委員会

若年者向けの講座のスキルアップ~講義ツール・講義手法の役割と効果的な活用法~

平成29年9月14日に、埼玉県金融広報委員会主催の金融広報アドバイザー等研修会で、テーマ「若年者向けの講座のスキルアップ~講義ツール・講義手法の役割と効果的な活用法~」の講座を行いました。参加者は県内の金融広報アドバイザーと消費生活相談員の方で、今回はグループワーク形式で行いました。

前半は、NACS作成のテキスト「思わず伝えたくなる消費者市民社会の話」を元に、高校生向け「契約の基本」の模擬授業を2パターン行いました。1つ目に説明中心の授業、2つ目にワークシート、〇×うちわを使ったクイズを取り入れた参加型授業を行い、同じ話でもツールを活用し受講者が考えたり手を動かしたりする手法にすることで、飽きずに楽しく学べることを体験してもらいました。後半は、前半の気づきなどを各グループで意見交換し、普段各々が行っている講座に生かせると思った点の、具体的な取り入れ方を考えるワークを行いました。

■参加者のコメントより

・実践に基づいた講義内容だったので、とても参考になった。

・2時間メリハリがあって、飽きることがなかった。

・グループワークで、他の受講者意見が伺えて良かった。

・具体的な講座を客観的に見ることができて良かった。

・しばらく若者向けを担当していないが、取り組んでみようかと思った。

埼玉県金融広報アドバイザー_1埼玉県金融広報アドバイザー_2