平成30年1月23日と29日に埼玉県立吉川美南高等学校にて、高校2年生22名、高校3・4年生36名を対象に、金融教育の講座を50分授業で行いました。

社会に巣立つ高校生が陥りやすいお金のトラブルにどのようなものがあるかを、これから身近に利用するクレジットカードを通して分かり易く学ぶのが狙いです。

当協会で作成したテキスト『思わず伝えたくなる「消費者市民社会の話」』の中の「ステップ2 支払方法の多様化とクレジットカード」の章より、クレジットカードの仕組みや使用上の注意点を、ワークシートやクイズ、また生徒参加型の寸劇などにより学習しました。

特に、リボルビング払いの利息については、金利を変えて実際に計算し、その利息額の多さに驚き、借金の怖さを実感して貰いました。

先生からは「生徒が実践的な講義に非常に興味を持ち、楽しく学ぶことができた」とコメントをいただきました。