平成30年度 消費者志向NACS会議」実施報告

「消費者志向NACS会議」(NACS・産業人材研修センター共同開催事業)を下記のとおり開催致しました。毎年、消費者志向に関わる社会環境の変化や、企業、団体の取り組み事例などを報告しています。今年は、賛助会員企業の皆様を中心に98名の参加があり、盛況のうちに終える事が出来ました。

日時: 2018年11月15日(木)13時30分〜18時45分
場所: 明治安田生命保険新東陽町ビル
プログラム:

ご挨拶:  NACS会長 河上 正二氏

基調講演:「消費者庁創設が目指したこと、これからの進展」

消費者庁 政策参与 川口 康裕 氏

企業事例:

(1)「持続可能な社会の実現をめざして」

イオン株式会社 グループ環境・社会貢献部 部長 金丸治子 氏

(2) 「“仙台発” アイリスオーヤマの消費者志向経営」

アイリスオーヤマ株式会社 品質保証部 部長 大泉宏明 氏

(3) 「当社における消費者志向経営の取組みについて」

明治安田生命保険相互会社 お客さま志向推進室 室長 後藤俊二 氏

基調講演   「新次元の「消費者行政・消費者教育」の展開」

四国・中国・関西、そして全国へ!

徳島県知事 飯泉 嘉門 氏

名刺交換会

実施報告

開会の挨拶は、今年の10月に就任された青山学院大学法務研究科教授の河上会長にご挨拶いただきました。独自の鋭い視点に加え、お人柄が伝わるユーモラスなお話で、和やかなにスタートいたしました。

前半の基調講演は、消費者庁の川口政策参与より、消費者庁設置から9年の歴史を消費者庁の6つの柱に沿って分かりやすくご説明いただきました。参加者からは「消費者庁設置の経緯から政策上の意義、使命等が網羅されており理解が深まった」「今後の方向性への示唆が興味深かった」「配布資料は辞書代わりに利用したい」等、大変好評でした。

企業の事例紹介では、まず初めにイオン株式会社グループ環境・社会貢献部部長の金丸治子氏より「持続可能な社会の実現をめざして」と題して、リサイクルループ、SDGsに配慮した事業活動等、3つの重点項目について大変興味深いお話をうかがいました。参加者からは「取組み内容が素晴らしく、参考になった」「消費者目線になって考えられた内容で勉強になった」等の声が寄せられました。

続いて、アイリスオーヤマ株式会社品質保証部部長の大泉宏明氏より「“仙台発” アイリスオーヤマの消費者志向経営」と題して、消費者志向経営で地方発「グローカル企業」を目指す取り組みについてご講演いただきました。参加者からは「事故情報もしっかり把握し、より良い製品を生み出すという姿勢が良いと思った」「スピード感のある経営体制を是非参考にしたい」等の意見が寄せられました。

最後に、明治安田生命保険相互会社お客さま志向推進室室長の後藤俊二氏より「当社における消費者志向経営の取組みについて」と題して、高齢者への対応を含めた同社のきめ細かい具体的な消費者志向の取組みをご説明いただきました。参加者からは、「目に見えない商品だからこそ、良いアフターフォローが重要になるのだということが良く分かった」「経営理念、ビジョン、バリューへとつながりのある活動が展開されており、企業の実力が伝わった」等の声が寄せられました。

後半の基調講演では、『新次元の「消費者行政・消費者教育の展開」四国・中国・関西、そして全国へ!』と題して、徳島県知事の飯泉嘉門氏より、消費者行政先進県としての徳島県独自の様々な取組みについてご講演いただきました。飯泉知事の熱い思いが伝わる力強く説得力のあるお話に多くの方が聞き入っていました。参加者からは、「消費者行政の明るい未来を感じる素晴らしい話だった」等、ほぼ全ての方からアンケートで「大変良かった」と多数の喜びの声が寄せられました。

飯泉知事には、講演後の名刺交換会にもご出席いただきました。冒頭で熱い想いが込められたご挨拶もいただき、知事との名刺交換には多くの参加者が列を作りました。

また、名刺交換会には当日の企業事例を講演して下さったアイリスオーヤマ株式会社の大泉様と明治安田生命保険相互会社の後藤様にもご出席いただきました。直接意見交換ができるという事で、参加者の皆様と名刺交換や活発な情報交換が行われ、盛会のうちに終えることができました。

消費者志向経営を、形だけでなく実態を伴った具体的な活動としてお話していただけた事で、参加者の皆様に大いに参考になった事と思われます。未来を、そして世界を見据える視点を身近な消費者や実務のレベルに取り込んで考えるという話題は非常に興味深く、参加された個人の方には消費者志向経営について再考する良い機会になった事と思います。また、企業の皆様には、行動する事の重要性を改めて考え、自社の取組みに活かせる具体的なヒントとして有意義な活動につなげていただければ幸いです。

 

2014年消費者支援功労者表彰 内閣総理大臣表彰受賞記念~「消費者志向NACS会議」開催報告

「消費者志向NACS会議」(NACS・産業人材研修センター共同開催事業)を下記のとおり開催致しました。毎年、消費者志向に関わる社会環境の変化や、企業、団体の取り組み事例などを報告しています。今年は、賛助会員企業の皆様を中心に98名の参加があり、盛況のうちに終える事が出来ました。

日時:2014年7月17 日(木) 15:30 ~ 16:45
会場:全国婦人会館2F(NACS新事務所)会議室  東京都渋谷区渋谷1-17-14
プログラムご挨拶 NACS会長 山本 和彦
講 演 「自律する消費者」
NPO法人 高齢社会をよくする女性の会 理事長 樋口 恵子 氏

樋口氏の講演では、自律する消費者というメインテーマで、日本の大きな社会問題であり、誰もが直面する身近で興味深い要介護や老老介護について、判り易くご説明をいただきました。当日は会議室内の空きスペースがない程たくさんの方にお集まりいただき、好評のうちに終了致しました。
会議終了後は、会議室に隣接するNACS新事務所のお披露目という事で事務所スペースを開放し、ご来場の皆様に見学していただきました。
また、今年は消費者支援功労者 内閣総理大臣賞受賞記念を祝し、会議終了後に懇親会を開催致しました。主賓として経済産業省商務流通保安審議官寺澤達也氏をお迎えし、衆議院議員の松本文明氏、参議院議員の太田房江氏も駆けつけて下さり、お祝いの言葉をいただきました。その後、来賓の皆様、各支部長のご挨拶が続き、会場は多くの皆様の熱気に包まれ、名刺交換や意見交換が活発に行われる等、大変有意義な異業種交流の場となりました。
ご来場の皆様に深く感謝申し上げると共に、今後も消費生活に関する専門家集団として、消費者志向経営の推進に貢献してまいります。