「民法」が制定されたのは、約120年前の明治時代です。民法のなかで「契約などに関する基本的なルール」が定められている「債権法」などと呼ばれている部分が現代の社会にあわなくなってきました。そこで、2017年5月に「民法の一部を改正する法律」が成立し、「債権法」が約200項目改正され、2020年4月1日から施行されます。

 その改正の中から、特に日常生活に関わりが深くこれだけは知っておきたいことを身近な事例をもとにQ&A式にしました。また、馴染みの薄い法律用語に親しんでいだけるように「用語チェック」としてわかりやすく解説するよう努めました。そして、最低限これだけは知っておきたい改正のポイントを「これだけは知っておきたい民法改正」としてまとめました。この冊子が日常生活のトラブル防止の一助としてお役に立てれば幸いです。

 なお、この「これだけは知っておきたい民法改正」の作成にあたりまして、助成をいただきました一般財団法人日本宝くじ協会さまには厚くお礼申し上げます。

 

冊子はこちらからダウンロードできます(無償)。

 

(見本ページ)

目次

民法って何? なぜ改正されたの?

CASE1 契約の成立

CASE2 動機の錯誤

CASE3 無効と取消しについて

CASE4 意思能力制度

CASE5 消滅時効

CASE6 祖雲外賠償請求権の消滅時効

CASE7 個人根保証

CASE8 定型約款

CASE9 定型約款の変更要件

CASE10 瑕疵担保責任から契約不適合責任へ

CASE11 賃貸借契約 敷金の返還

CASE12 賃貸借契約 原状回復義務の範囲

理解度チェック